琥珀とは

古来より「太陽の石」などと呼ばれる「琥珀」は、およそ5,000万年前の松柏科植物の樹液が化石化したものであり、
植物を起源とする唯一の宝石です。「琥珀」の医学的効能は古くから認知され、さまざまな疾患治療に用いられてきました。
17世紀、ロシアに君臨した女帝エカテリーナU世が魅了された「琥珀」の持つ神秘的な輝きと“癒し”の効果を美容法として確立したのが山野幹夫でした。山野愛子より受け継がれた“心身ともに癒す”というコンセプトのもと、
21世紀を生きる女性の素肌美づくりを追求しました。
肌が正常な状態を取り戻そうとする自然の回復力に、「琥珀」の持つ大地の成分がさらなるパワーを引き出します。

17世紀、ロシアに君臨した女帝工カテリーナU世は、琥珀の持つ大自然のパワーと神秘的な輝きに魅了され、
装飾品や芸術品など、生涯にわたり琥珀をこよなく愛したことで有名です。
特に琥珀の癒し効果に魅せられた工カテリーナU世は、総量5トンにもおよぶ琥珀の原石を、芸術的に敷き詰めた絢爛豪華な「琥珀の間」を作り、自らの“癒しの空間”として、また大切なお客様をお招きする“特別な空間”として愛用していたほどです。
琥珀の“神秘的な力”に魅了された彼女は、現代への癒しの伝道師であったのかもしれません。

皮膚ターンオーバー促進効果(特許第4953204号)
ヤマノは国立研究開発法人理化学研究所との共同基礎研究により琥珀パウダーから肌に有効な成分を抽出することに成功し、それをコハクパワーエキスNo.2RERと名付けました。
さらに研究を行った結果、このコハクパワーエキスNo.2RERには以下の2つの美容効果があることが分かりました。
そして、この2つの美容効果について2007年に国立研究開発法人理化学研究所が特許を出願し、ついに2012年3月23日に、特許が成立いたしました。この特許につきましては、ヤマノがライセンス許諾を受けております。

皮膚には自らの新陳代謝をコントロールする因子が存在しており、この因子が増えると皮膚ターンオーバーが早まり新しい皮膚に生まれ変わることが知られています。すなわち皮膚にできたシミがより早くなくなるのです。
そこで表皮角化細胞を用いて、コハクパワーエキスNo.2RERがこの因子に与える影響について調べました。その結果、コハクパワーエキスNo.2RERは表皮角化細胞における因子の量を対照として用いたコハクパワーエキスNo.2RERなしと比較して約2倍上昇させることがわかりました。

さらにマウスの皮膚に対して人工的にシミを作り、対照のコハクパワーエキスNo.2RERなしとありをそれぞれ塗って比較してみたところ、コハクパワーエキスNo.2RERを塗ったシミの方が早く消えました。

これらの結果から、コハクパワーエキスNo.2RERは皮膚ターンオーバー促進効果、すなわちシミ喪失促進効果があることがわかりました。

ヒアルロン酸産生促進効果(特許第4953203号)

ヒト皮膚モデルにコハクパワーエキスNo.2RERありとなしで培養し、コハクパワーエキスNo.2RERがヒアルロン酸産生に与える影響を調べました。
合成されたヒアルロン酸を茶色に染色した結果、対照と比較してコハクパワーエキスNo.2RERを塗った皮膚モデルでは、特に表皮において濃い茶色の染色像が観察されました。また、表皮角化細胞においても同様に濃茶色の染色像が観察されました(a)。

さらにこのヒアルロン酸産生促進メカニズムを調べたところ、表皮角化細胞においてコハクパワーエキスNo.2RERはヒアルロン酸合成因子の量を対照として用いたコハクパワーエキスNo.2RERなしと比較して約3.5倍上昇させることがわかりました(b)。

これらの結果から、コハクパワーエキスNo.2RERはヒアルロン酸産生促進効果があることがわかりました。

ヤマノ肌琥珀パワーエキスオールインワンジェル

ヤマノ肌琥珀パワーエキスオールインワンジェル
1本7役のヤマノが自信を持っておススメする時短系オールインワンジェルです。

コハクセンチュリー
琥珀抽出エキスを配合した最高級美容液です。